ポンドなどの両替の仕方

海外へ出かけるときに気になることのひとつに現地の通貨の問題があります。普段から行き慣れているので外貨は常に手元にある、というような人は別として、たいていはいざ出発となってどうしようかと考える人が多いのではないでしょうか。その両替の仕方には様々あります。ひと昔前には旅行会社での両替や旅行小切手の販売なども行われていましたが、最近では取り扱いをしないところがほとんどだそうです。大きな銀行に行けばドルやポンド他各国の外貨を両替することもできますし、出発前に日本の空港でもできます。なかには現地でしか手に入れられない通貨もあるので、そんなときにはまずはドルやポンドなどに替えておいて、現地で再度替えることになります。クレジットカードに海外でのキャッシング機能がついているものは、現地通貨でキャッシングをすることも可能です。

ポンドの両替を日本で済ましておこう

イギリスへ旅行や出張などで出かける場合、現地のイギリスで使えるお金はユーロではなくてポンドとなります。これを日本円から両替をする場合、多くの人は現地の空港に着いてから空港にある銀行の窓口で交換しようと画策します。ところが同じことを考えてる人が大勢いるため、その窓口は混雑をしているし、万が一空港に到着する時間が深夜帯などだと窓口が閉まっていて交換できないなんてことになります。もちろん街に繰り出してもお店で日本円はまず使えません。そんな事態を考えてか日本では一部の銀行や旅行会社などがこの両替サービスの提供をやっています。これを日本出国前にやれば現地の空港の混雑した窓口でたくさんの時間と英語のやり取りでいきなり疲れることもなく、荷物さえ受け取ればさっさと街に繰り出して旅やビジネスのための時間を最大限有効利用できるようになります。

ポンドの両替時は手数料をチェックしましょう

イギリスに旅行に行く場合、事前に日本のお金をポンドに両替してしまう方も多いです。空港や銀行で簡単に手続きができて非常に便利ですが、手数料を考えると意外と損をしているケースが多いので注意が必要です。少ない金額だとそれほど気にならないかもしれませんが、1000ポンドに両替するなど金額が大きくなると手数料が5円の差でも5000円損することになってしまいます。両替の手続きが可能な場所は複数あるので、事前に手数料の金額をしっかりと比較して、少しでもお得な場所を利用してください。節約できたお金で豪華なホテルに宿泊したり、美味しいグルメを堪能したりと使い道は色々ありますので、イギリスに限らず海外旅行に行く際には、手数料の比較を忘れないでください。更に細かい情報を知りたい方はインターネットで24時間情報収集できますので、是非活用してください。

 
© Copyright 2017 クレジットカードについて.